明るい新年を願って

 日高町萩原、日高農産物組合(金﨑昭仁組合長)が運営する産品販売所「黒竹の里 ぴかいち」では、原谷特産の黒竹で製作したひつじの置物=写真=を販売中。
 来年のえと、未(ひつじ)にちなんで企画し、同組合民芸部が作業に当たっている。置物は8.5×14.0㌢ほどの台の上に高さ約8㌢のひつじなどが設置されており、大小さまざまな黒竹を加工、組み合わせ、毛の部分は綿を使ってかわいらしく仕上げている。
 同産品販売所が黒竹を材料にえとの置物の製作を始めて8年目。販売価格は1000円(税込み)。購入希望者は予約が必要で、問い合わせは同産品販売所℡0738ー63-3528、金﨑まゆみさん℡090―5906―3466。営業は金、土、日曜日と祝日の正午から午後4時まで。前作までのえとの置物がほしいという人にも対応してくれるが、納品には時間がかかる。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る