声かけ運動最優秀決まる

 印南町青少年健全育成町民会議(楠本勝彦会長)が町内の小中学生対象に募集していた「あいさつ声かけ運動」標語の入賞者が決まった。最優秀賞には、小学校低学年の部で岡本亜結奈さん(印南3年)、同高学年で森本怜華さん(稲原6年)、中学生で石井美有さん(印南3年)が選ばれた。3人のほか優秀賞9人、入選19人が選ばれ、12月2日午後7時半から町公民館で表彰される。
 小学校低学年には231点、高学年には223点、中学生には220点の応募があり、最優秀賞各1点、優秀賞各3点、入選(小学校は各5点、中学校は9点)を選んだ。岡本さんの作品は「あいさつで 知らないあの子も お友だち」、森本さんは「ありがとう 感謝の言葉で つなぐかけ橋」、石井さんは「ありがとう 気持ちつながる 笑顔さく」だった。優秀賞、入選は次の皆さん。
 【小学校低学年】優秀賞=藤藪陽音(稲原2年)、真田康明(切目1年)、川口蒼空(清流2年)▽入選=塩﨑真大(印南1年)、北村佳乃子(印南3年)、田野莉菜(稲原1年)、真鍋琴奈(切目3年)、久保真吾(清流3年)
 【小学校高学年】優秀賞=川村脩人(印南6年)、白倉佳司(切目6年)、清水優芽(清流5年)▽入選=上野愛果(印南4年)、小橋勇太(印南6年)、田中慈晏(稲原6年)、高芝日和(切目5年)、太田萌(清流4年)
 【中学生】優秀賞=花本壮(清流1年)、田端海里(稲原3年)、為橋響(切目2年)▽入選=木下友貴(清流2年)、山方颯(清流2年)、上杉冬弥(稲原2年)、森本絢香(稲原3年)、高芝颯大(切目2年)、西田真将(切目3年)、森雄也(印南1年)、古田夏也(印南2年)、樫尾美侑里(印南3年)

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る