春高バレー 日高地方の4選手全国へ

 「春の高校バレー」で親しまれている第67回全日本バレーボール高校選手権の県大会は18日、和歌山ビッグホエールで決勝戦が行われ、男子は開智、女子は信愛が優勝。来年1月5日から東京体育館で開かれる全国大会への出場を決めた。両チームには地元選手もメンバー入り。決勝では開智男子の濵中晴貴選手(2年、大成中卒)、信愛女子は宮﨑優奈(3年、南部中卒)、冷田桃子(3年、丹生中卒)、石川真奈(2年、印南中卒)の3選手が強烈なスパイクや堅実なレシーブでチームの勝利に貢献した。

 開智男子は3―0(25―9、25―14、25―15)で和歌山工を圧倒し、20年連続20回目の優勝を飾った。ライトアタッカーの濵中選手はフル出場。188㌢の長身とジャンプ力を生かした強烈なスパイクを相手コートにたたき込み、力強いジャンプサーブでも相手を崩すなど持ち前の攻撃力を発揮した。「1セット目はよかったが、2、3セット目はミスから失点する場面が多く、自分たちのプレーができなかった」と優勝にも課題を挙げ、「全国制覇という目標への通過点。本番までに一つ一つのプレーの精度を上げたい」とこぶしを握っていた。

 信愛女子は3―0(25―12、25―15、25―20)で昨年フルセットで敗れた開智にリベンジ。3年ぶり30回目の全国切符を手にした。地元3選手は決勝の舞台でほぼフル出場して勝利に導いた。ライトアタッカーの宮﨑選手は力強いスパイクやブロック、堅実なレシーブでもチームに貢献した。「こぼれ球のレシーブに課題があったので、本番までに修正したい」と表情を引き締めた。センターアタッカーの冷田選手はキレのあるスパイクや速攻、守備でもナイスカットでチームを救った。「移動攻撃など自分のいいところをもっと積極的に出していきたい」と力を込めた。レフトアタッカーの石川選手は2年生ながら179㌢とチーム1の長身を生かした強烈なスパイクで高い決定力を発揮した。「3年生の皆さんに助けてもらった。本番では大事なところで決められるようにもっと磨いていきたい」と気を引き締めなおし、3選手とも「全国ベスト8を目指す」と声をそろえた。

20141120バレー浜中君.jpg

開智男子の濵中選手 


20141120バレー信愛.jpg
信愛女子の石川、宮﨑、冷田選手(左から)

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る