御坊の産廃処分場が着工

 御坊市塩屋町南塩屋地内(森岡区)、廃棄物処理企業大栄環境㈱(本社=大阪)の「御坊リサイクルセンター(仮称)」の建設工事がスタートした。
 現場は御坊総合運動公園東にある山間部の区有地で、林地開発許可、工事関係者以外立ち入り禁止などの看板が設置された。同センターは、中間処理と民間で県内初の管理型となる最終処分場を併設した施設で、全体面積は25万7112平方㍍。陸上埋め立てでは県内最大規模となる。周辺住民から環境への懸念で反対運動が起きた経緯もあり、森岡区が誘致表明して以来、実に7年を経ての着工。完成は平成28年8月を目指す。最終処分場は約10年で満杯になる見通しで、埋め立ての跡地を活用した公園整備なども視野に入れている。地元雇用については、当面中間処理工場の作業員など20人から30人を予定。施工は㈱大林組。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る