御坊市と阿南市がパートナーシティに

 紀伊水道を挟んで約50㌔、対岸の〝お隣さん〟となる御坊市と徳島県阿南市が、17日午前10時から阿南市役所で両市の発展を目的とした「パートナーシティ協定」を締結する。以前から相互のイベントに参加するなど交流を続けているが、より一層共通点や特性を最大限生かして観光、地域振興、防災対策に取り組む。御坊市では初の試みとなる。
 両市の交流については、柏木征夫御坊市長と岩浅嘉仁阿南市長のトップ同士の話し合いの中で進めており、御坊側が阿南の「活竹祭」、阿南側が御坊の「宮子姫みなとフェスタ」などに参加している。今回締結するパートナーシティ協定は、特定分野での交流を主体とした協定で、地域の活性化を目指す。同じような協定の「姉妹提携」が包括的な分野での交流を進めるのに対して、パートナーシティ協定の交流分野は限定できるため、自治体としては取り組みやすく、全国的にも増えている。
 御坊、阿南の両市が取り組むのは観光、地域振興、防災対策となっているが、具体的には今後の話し合いで決めていく。現在、御坊市は藤井寺市、近江八幡市とそれぞれ防災協定を締結しているが、パートナーシティの協定はなかった。
 阿南市 人口7万6237人(10月末現在)、面積279.4㌔。徳島県の南東部に位置し、四国最東端の自治体でもある。産業は竹林が多く全国一のタケノコ生産量を誇る。鉱工業にも恵まれている。また、蛍光体や発光ダイオードの一大産地であり、四国で最初に太陽が昇るまちでもあることから「光のまち阿南」としてPR。LEDバレイ構想(LED光産業集積計画)の中心地と位置づけられている。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る