南高生がソロプチ会員と交流

 社会で活躍する女性の奉仕団体、国際ソロプチミスト和歌山紀南(狩谷貴子会長)は6日、以前から交流や支援を続けている南部高校の生徒と交流した。8日の同校文化祭で催されるもち投げの準備作業を手伝い、一緒にもちを丸める作業に取り組んだ。狩谷会長は「高校生との交流を深め、今後も活動を支援していきたい」と話している。
 4年前からソロプチミストの支援事業「スポンサーシップ」で、特色ある活動を実施している同校と交流を深めている。これまでにも、同校農業クラブのメンバーが自作の梅ジャムをイベント会場で販売する際に着る法被、もちつき器の購入で資金援助した。交流事業も行っており、文化祭のもち投げの準備を一緒に行って親睦を深めている。
 この日もソロプチミストのメンバー3人と生産技術科の生徒15人が蒸しあがった2俵のもち米を機械でついたり、丸めたりする作業に取り組んだ。メンバーはもちを丸めながら高校生と和やかに言葉を交わし、狩谷会長は「事業を通じて高校生と交流を深め、ソロプチミストの活動を普及させていきたい」、森順校長は「地域の人たちに応援してもらっていることが、生徒の成長にもつながっている」と感謝していた。文化祭当日は旧体育館前で午前11時ごろと午後1時ごろの2回にわたってもち投げが行われる。ソロプチミストのメンバーももち投げに参加する。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る