ジャズでにぎやかに出発!

 みなべ町から新宮市までのJRきのくに線をアートで彩る「紀の国トレイナート2014」(同実行委員会主催)の出発式が24日、始発駅となるJR南部駅で行われた。駅舎内でジャズや吹奏楽が演奏され、構内の跨線橋(こせんきょう)に描かれた壁画も披露。同日午前10時58分に、車内でジャズ演奏が聴ける列車が串本方面に向けて出発した。
 みなべ町から新宮市まで9市町にまたがる広域的な事業で、JR西日本などの協力を得て実施。JRきのくに線の各駅を舞台に、芸術的なイベントが展開される。事業名の「トレイナート」は、「トレイン(列車)」と「アート(芸術)」を合わせた言葉。
 出発式のオープニングでは、地元の梅の里民謡クラブがプラットホームで「紀州梅音頭」と「鹿島音頭」を披露。待合所では南部高校吹奏楽部のメンバー16人が「小さな恋のうた」など2曲を演奏した。続いて田辺市龍神村在住の音楽家、唐口一之さん(トランペット)ら4人でこの日のために結成したジャズバンドがきれいなメロディーを奏で、訪れていた近くの住民や利用客らを楽しませた。10時58分発のトレイナート号には唐口さんら演奏家が乗り込み、車内でもジャズが演奏された。乗車した田辺市学園、杉本富美子さん(66)は「間近で演奏を聴くことができて、若返ったような気がします」と笑顔を見せていた。 
 「トレイナート」の一環で、ことし6月から同駅構内の跨線橋(約10㍍区間)の壁に描かれていた壁画も完成し、利用者らに披露された。
 実行委員長の廣本直子さんは「『日常にアートを』をスローガンに取り組んできた。ぜひ電車に乗ってもらい、アートを通じてつながりの輪を広めてもらいたい」と話し、小谷芳正町長は「町の玄関口をにぎやかにしていただいた。ぜひ列車に乗って芸術に触れ、心身をリフレッシュしてもらいたい」と歓迎した。26日まで紀伊田辺駅、周参見駅、新宮駅、串本駅などで「サンマずしトークショー」や茶会など多彩なイベントが展開される。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る