将来のスター選手がいるかも

 イタリアサッカーの1部リーグ・セリエAのACミランに所属する本田圭佑選手が、昨シーズンの不振がうそのような活躍を見せている。1試合で2得点を含め今季7戦で6ゴール。世界最高峰のプロサッカーリーグ、世界屈指の強豪クラブで結果を残すのは並大抵のことではない。イタリアのスポーツ紙も昨季の酷評なんてなかったかのような称賛ぶり。大金が動くプロスポーツ界では結果を出してこそということを感じさせられた。結果を出さなければ来年はない、プレッシャーの中でも自分を出せるところがプロ。かつての三浦知良や中田英寿のように、また将来、新しいスター選手が誕生するのだろう。
 本紙で先週から全国高校サッカー選手権和歌山大会に出場する地元4校のチーム紹介を掲載している。10年以上続けているが、優勝争いに加わるまでにはまだまだ道のりは遠い。勝敗がすべてではないが、地元のチームが強くなってほしいと思うのはサッカーファンの気持ち。県外からも選手を集める私学とまでいかなくても、小、中、高校とサッカーが続けられる環境が充実すれば、それだけでもっと強くなると思う。
 日高地方の小学生のサッカー人口は他の競技と比べても多い方だが、中学生になると減少する。中学でサッカー部があるのは2校だけで、クラブチームの方が3と多い。高校でも優勝争いをする野球との決定的な差だろう。やりたいけど学校にサッカー部がない、近くにクラブチームがないのであきらめるケースも多い。少子化の時代、1校で11人そろえる方が至難の業ではあるが。サッカーに限らず子どもたちのやりたい気持ちを、仕方がないであきらめさせるのは少し悲しい。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る