日高の秋はまだまだ熱い!

 さわやかな秋晴れとなった19日、日高地方の秋祭りは終盤を迎え、御坊市内で熊野と北塩屋、由良町で由良、日高町で内原、美浜町で吉原、日高川町で土生、印南町で切目祭などが行われた。
 由良祭では午前7時半ごろから横浜、里、南、江ノ駒、網代、阿戸の各組が順に宮入り。日高地方最大、全長6㍍を超える屋形が豪快に競り合い、盛り上がった。
 土生祭では、お旅所で双頭の踊り獅子が奉納された。ことしは鐘巻組が担当。鬼は竹中吉和さん、東浩志さん、獅子は東秀樹さん、久保俊明さん、石倉大裕さん、上道誠也さんの4人で、鳴り物のない静寂の舞で見物客を魅了した。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る