日高高校百周年 東山の森が絵画寄贈

 芝画伯は昭和49年に日高高校を卒業。多摩美術大学大学院で絵を学び、抽象絵画や神獣・霊獣などの絵を手掛け、作品は日本各地をはじめ、アジア、北米など世界でも評価されている。また美術大学や専門学校の講師も務めている。
 寄贈式では芝画伯もメンバーになっている東山の森Arkの東代表が絵を説明。「プラチナ箔や金箔を用いた神獣『白澤』の絵で、野口のとび山(標高150.62㍍)や御坊市の花木ハマボウなどもあります」などと紹介。「白澤は守り神。厄をはらって社会に出る皆さんの背中を押してくれると思います」と話した。生徒たちは著名な画家となった先輩の作品に興味深そうに見入っていた。絵は校長室に、レプリカを記念館に飾ることになっている。
 文化祭では箏曲部やフォークソング部、ブラスバンド部、合唱部の部員による演奏や歌があり、生徒たちとともにアジア高校生フォーラムで来日している各国の高校生も楽しんでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る