切目川ダム 20日から試験湛水開始

 県が印南町高串地内で進めている切目川ダム建設工事は堤体工事や設備工事が完了し、20日から試験湛水を開始する。
 試験湛水は実際にダムの最大貯水位(一時的に貯められる最大水位)まで水を貯め、水漏れがないかなど堤体や基礎地盤などの安全性を確認する作業。安全性が確認され、周辺整備完了後、供用開始となる。
 試験に向け20日午前10時から堤体にある仮排水路と常用洪水吐きにゲートを降ろす。試験完了時期については今後の雨量などに影響されるが、県ではこれまで通り来年春の供用開始をめどに進めている。また試験中は河川環境保全のため必要最小限の水量は下流に流すことになっている。
 ダムは高さ44.5㍍、集水面積は21.9㌔平方㍍で、総貯水容量は396万立方㍍。日高川町の椿山ダムのようにゲートを使って人為的に放流するタイプではなく、28㍍地点に2カ所ある幅2.8㍍、高さ2.9㍍の「常用洪水吐き」という穴から水を自然に流すことで水量を調整する自然調節方式となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る