アジア大会 県関係選手はメダル7個

 韓国仁川で開催された第17回アジア競技大会で、和歌山県関係の選手はボウリングの和田翔吾選手(県教育庁)が男子トリオ戦で優勝するなど、7つの競技で7個のメダルを獲得した。
 和田選手のほかには、水泳の山本耕平選手(ミズノ、海南高校出身)が1500㍍自由形で銀、カヌーの阪本直也選手(県教育センター学びの丘、神島高校出身)がスプリント・カナディアンシングル200㍍で銀、ソフトテニスの桂拓也選手(県教育庁)が男子団体で銀、自転車の窪木一茂選手(県教育庁)が4000㍍団体追い抜きで銅、フェンシングの西岡詩穂選手(NEXUS、和歌山北高校出身)がフルーレ団体で銅、セーリングの坂本亘・和田大地・岡本康裕・今井信行の4選手(日吉染業)がマッチレースで銅。
 アジア大会日本代表選手のうち、カヌーの阪本選手、自転車の窪木選手、アーチェリーの古川高晴選手(近大生物理工学部職員、今大会は男子リカーブ団体で4位)、ホッケーの坂本博紀・田中健太選手(県教育庁、6位)の5人は、12日から開幕する長崎国体にも出場する

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る