近畿高校野球県予選 日高中津は決勝進出ならず

 来春のセンバツ出場校を選ぶ際の重要な参考資料となる秋季近畿地区高校野球大会の県2次予選は4日、県営紀三井寺球場で準決勝2試合が行われた。第1試合の日高中津は両チーム二けた安打の打撃戦の末に和歌山東に3―7で敗退。決勝進出、この日の近畿切符獲得はならなかった。日高中津は5日午前9時プレーボール予定の3位決定戦で近畿大会出場へ再挑戦する。
 日高中津は初回1死から西出が遊撃内野安打。続く仲の中越え二塁打で西出が生還、1点を先制すると、岡﨑の左前打で一、三塁と好機を広げたあと、北村の中犠飛で1点を追加した。2点を追う6回には無死から庄司が敵失で出塁。中原の左翼線二塁打で庄司が一気に本塁へ突入し1点差に詰め寄ったが、反撃もここまでだった。
 日高中津打線は2回、庄司の右中間二塁打と暴投で無死三塁とするも中原のスクイズが相手投手の好守備で追加点を阻まれ、4回には庄司の右前打、栗栖のバント安打などで1死満塁としながら増田が中飛、西出が二飛に倒れ、得点できなかった。6回、1点差としたあとの無死二塁では岡のバントが投飛、併殺となり、7回の二死満塁でも無得点。和歌山東の好投手・津森に浴びせた11安打を生かしきれなかった。
 日高中津の先発・栗栖は3回、失策の走者を左中間二塁打で返され、さらに失策で1点を奪われた。4回に2死から連続二塁打を許し、5回も2長短打と左犠飛で1失点。6回先頭打者に安打を打たれ、降板した。2番手・岡は8回まで無失点で切り抜けたが、9回に4長短打を集中され、3失点。これで万事休した。
 日高中津は守備が4失策と乱れたのも響き、決勝進出を逃した。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る