知事選 立候補予定者説明会に2陣営

 県選挙管理委員会は2日、県庁で11月13日告示、30日投開票の知事選の立候補予定者説明会を開き、すでに立候補の意思を表明している現職仁坂吉伸氏(64)=和歌山市東高松=と新人の「市民オンブズマンわかやま」事務局長畑中正好氏(62)=田辺市天神崎=の2陣営が出席した。
 JR西日本、NHK和歌山放送局、県警本部など選挙の関係機関の担当者が無料乗車券の取り扱いや政見放送、道交法、選挙運動について説明。上山義彦県選管委員長は「有権者が選挙運動を見る目は大変厳しくなっており、明るく公正な選挙を強く望んでいる。インターネットの活用など、ルールを順守した選挙戦をお願いしたい」と呼びかけた。
 3選を目指す仁坂氏、新人の畑中氏はともに無所属で、仁坂氏は自民党と公明党が推薦を決定、畑中氏は共産党の推薦を受ける予定。前回、仁坂氏の対抗馬を推薦した民主党は仁坂氏の推薦に回るとみられ、官製談合事件後の出直し選で仁坂氏が初当選を決めた前々回(平成18年12月)以来、8年ぶりの一騎打ちの公算が大きくなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る