県美術展工芸 中野さんが最優秀賞

 第68回県美術展工芸部門の審査は18日に行われ、御坊市島で「春日窯」を主宰する中野孝次さん(65)=御坊市塩屋町南塩屋=の作品「響き」が初の最優秀賞に輝いた。中野さんは3年前と昨年に優秀賞を受賞しており、今回は念願の最高賞を獲得。「だめかもしれないと思っていたので驚きました。大変うれしいです」と喜びを話している。
 中野さんは若い頃から芸術が好きで、絵画や写真なども手がけてきた。和歌山市で会社員生活を送っていたが、十数年前、春日窯を主宰していた父の金次郎さんの遺志で早期退職し、帰郷して窯を引き継いだ。工房近くの善妙寺に伝わっていた「善妙寺焼」の復活にも力を入れている。
 今回の受賞作品「響き」は高さ75㌢、幅60㌢の大作で、同部門の応募作品の中でも最大。白浜で買い求めた巻貝の貝殻からイメージを広げ、小さな渦巻き模様が大きく広がっていく自然の造形美を生かしてつくり上げた。金管楽器のホルンやチューバなどを連想させる形。「もの言わぬ陶器は、本来は静けさを感じさせる存在ですが、この作品は陶芸という方法で『響き』を表現できないだろうかと取り組みました。見る人の心に音楽的なかすかな響き、思い出に残るいろいろな響きを感じ取ってもらえたらと思います」と話し、「芸術は自分自身の表現。さまざまな美術展や舞台などに足を運んで感性を鍛えることを心がけています。一朝一夕にはいきませんが、そうして積み重ねてきたものが自分の表現に反映されればと願っています。励めば励むほど、さらに奥の深い世界であることを実感しています。これからも感性を磨き、一層励んでいきたいと思っています」と話している。県展は10月15日から県立近代美術館で開催される。そのほかの受賞は後報。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る