トライアンズの寺下選手が小学生を指導

 プロバスケットボールNBLの和歌山トライアンズの寺下太基選手(34)が11日、日高町の農村環境改善センターを訪れ、日高ミニバスケットボールクラブの選手を指導した。
 寺下選手は、塚本鋼平アシスタントコーチ(37)とともに男女49人の子どもたちにパスやドリブル、シュートなどバスケットの基礎と技術など教えた。ドリブルの練習では、寺下選手は「強く、速く、低くの3つがとても大事。低くはひざより下でドリブルをすることがポイント」と身振り手振りで説明。子どもたちに技術を習得してもらおうと何度も練習させ、「ドリブルは練習した分だけ上手になります」とアドバイスを送り、子どもたちは〝強く速く低く〟を心掛けて懸命に取り組んでいた。
 寺下選手は身長190㌢のスモールフォワード。県出身の唯一のプロバスケットボール選手でことし6月に滋賀レイクスターズからトライアンズに移籍した。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る