おいしいごはん食べたいな

 日高町の比井小学校(玉置雅已校長)は8日、2年生と5年生を対象に昔ながらの稲刈り体験を行った。
 2年生4人、5年生11人が参加。5月下旬に自分たちが手で田植えした学校北の田んぼで、農業皿山守さん(67)ら5人に指導を受けながら鎌を使って作業した。最初は慣れない手つきだった児童たちもあっという間に上達。赤トンボが飛ぶ中、「ザクザク」と音を立てて次々と稲を刈り取り、5年生の水口欄那さんは「次は食べるのが楽しみ」と笑顔で話していた。
 この日収穫した稲の品種はキヌヒカリ。一部を学校でもらい受け、学校では町社会福祉協議会へ寄付したり地域のお年寄りとの交流行事などに活用する。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る