温泉のミステリーサークル!?

 田辺市龍神村中山路地区の寄合会は、6月から同村安井地内の水田に稲穂の色の違いで模様をデザインする「田んぼアート」に取り組んできたが、収穫期を迎えて2色の稲穂によって温泉マーク「♨」がくっきり浮かびあがった。高台の龍神市民センター周辺から観賞することができる。今月下旬には収穫作業を行う。
 県の過疎集落支援対策事業の一環で、寄合会の構成団体の1つ「みらい龍神」(冨田進会長)が16㌃の休耕田を利用して実施。稲穂が赤くなる古代米と普通の米の2種類を使い、田んぼアートに取り組んだ。6月には地元の中学生や高校生らが田植えを行い、順調に生育。9月に入った頃から稲穂が色づき始め、赤地(古代米)に緑(普通の米)の温泉マーク、緑地に赤の温泉マークの2種類のアートが見事に完成した。マークの大きさはそれぞれ縦横15㍍程度。今月末に稲刈りを行うまでは観賞が楽しめる。
 冨田会長は「今月14日には龍神市民センターで体験教室や作品展示を行う『なかさんじ田舎まつり』が開催される。大勢の人に来場し、このアートを見てもらいたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る