子どもの目線、視野で考えよう

 みなべ町地域子育て支援センターこひつじランドの第5回育児講座が29日に保健福祉センターで開かれ、子どもに多い事故の予防について勉強した。
 田辺保健所の池田仁美保健師が講師を務め、乳幼児に起こりやすい事故の事例としてうつ伏せ寝や誤飲、視界が狭いため机の角に頭をぶつけるなどが多いと説明。子どもの視野を体験できる擬似メガネや子どもの口に入る大きさの穴を開けた啓発パンフレットなどを配り、「最近はおもちゃなどに使われているボタン電池を飲み込んでしまう事故が多い。食道に引っかかると穴が開く場合もある。身近な危険を確認し、とにかく子どもの目線で予防を考えることが大切」と強調した。田辺市から参加した三谷佳代さん(25)は「誤飲の危険があるものは子どもの手の届かない所へ置くなど、身の回りをもう一度点検します」と意識を高めていた。
 日高広域消防南部出張所の隊員からは人形を使って乳幼児の心肺蘇生法も学んだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る