日高川の滝本農園でマンゴー収穫ピーク

 日高川町小熊の瀧本農園=瀧本善夫さん(57)経営=では、常夏の果実、完熟マンゴーの収穫が最盛期を迎えている。ことしは春先の天候不順の影響で収穫は例年より半月程度遅めだが、大玉が多く、出来は良好。農園では「和歌山の太陽をいっぱいに受けて完熟したマンゴーです。本当においしいので一度食べてみて下さい」とPRしている。
 瀧本さんは20年ほど前からアップルマンゴーの栽培を始めた。本場の沖縄へ視察に行くなど、妻の麻子さん(56)と二人三脚で取り組み、いまでは約20㌃のビニールハウスに約200本を栽培、ことしは約5000個の収穫を見込んでいる。毎日、ハウスを見て回り、丹精込めて育てた実が真っ赤に熟し、ネットに落ちるのを待って丁寧に収穫。ことしは収穫が遅れ、お中元シーズンには間に合わなかったが、大玉が多くて、甘みが乗り切っており、味も最高。味わった人からは「一度食べれば、もう一度食べたくなります。きっと贈り物としても喜ばれます」と評判になっている。贈答用は化粧箱入りで1㌔(3個)4000円から販売。家庭用は1㌔(同)3000円程度(価格はいずれも税込み)とお買い得。小さいサイズなど大きさや数によって価格は変動、客の要望に応じる。販売は9月中旬ごろまで。申し込みなどは瀧本農園℡0738㉒7770。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る