全中ソフトテニス 信愛が準優勝

 第45回全国中学校ソフトテニス大会が21日から3日間、香川県総合運動公園テニス場で開かれ、女子団体で地元から戸根鈴華さん(3年・内原小出身)、内田幸音さん(3年・印南小出身)、塩路千裕さん(2年・野口小出身)の3人がメンバー入りしている信愛が見事準優勝。地元勢の活躍が光った。
 女子団体には全国の各ブロックを勝ち抜いてきた25チームが出場し、トーナメントで熱戦を展開。近畿ブロックを1位で通過した信愛は初戦で能都(石川県)、2回戦で諫早(長崎県)をいずれも2-1、準決勝で加木屋(愛知県)を2-0で下し、決勝で鈴峯女子(広島県)に0-2で敗れた。
 戸根さんと内田さんはそれぞれ別の選手とペアを組み、チームの主力として4試合すべてに出場。戸根さんは能都、加木屋戦で、内田さんは決勝を除く3試合で勝利を収め、チームに大きく貢献。準優勝に笑顔を見せている。
 また男子団体では中野聖也君(2年・印南小出身)がメンバー入りしている西和が出場したが、初戦で岩槻(埼玉県)に敗れた。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る