よいしょ!

 由良町門前、臨済宗鷲峰山興国寺(山川宗玄住職)で15日深夜、恒例の火祭りが行われた。心配された天候も問題なく、開山以来700年以上続けられている伝統行事にアマチュアカメラマンら多くの見物人が詰めかけた。
 寺東の無常堂で火がたかれた釜場を囲み、最初に地元の小学生らが「たいまつ踊り」を披露。続いて「土俑(どよう)担ぎ」が行われ、力自慢の若衆4人が両端に火のついた長さ4㍍、重さ150㌔ほどの特大たいまつを担いで釜場を3周すると、見物人から大きな拍手が送られていた。特大たいまつを同時に4本立てる「線香立て」、2本ずつ上部を合わせる「拝み合わせ」、投げて転がす「俵返し」などでも力自慢が勇姿を見せ、盛り上がっていた。
 最後に特大たいまつで井げたを組み、クライマックスの「灯ろう焼き」。寺の大灯ろう、檀家たちの切り子灯ろうが井げたの中に放り込まれると高さ10㍍近くにもなる大きな炎が暗闇に浮かび上がり、カメラマンたちは幽玄の世界に魅せられながら次々とシャッターを切っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る