よいしょ!

 由良町門前、臨済宗鷲峰山興国寺(山川宗玄住職)で15日深夜、恒例の火祭りが行われた。心配された天候も問題なく、開山以来700年以上続けられている伝統行事にアマチュアカメラマンら多くの見物人が詰めかけた。
 寺東の無常堂で火がたかれた釜場を囲み、最初に地元の小学生らが「たいまつ踊り」を披露。続いて「土俑(どよう)担ぎ」が行われ、力自慢の若衆4人が両端に火のついた長さ4㍍、重さ150㌔ほどの特大たいまつを担いで釜場を3周すると、見物人から大きな拍手が送られていた。特大たいまつを同時に4本立てる「線香立て」、2本ずつ上部を合わせる「拝み合わせ」、投げて転がす「俵返し」などでも力自慢が勇姿を見せ、盛り上がっていた。
 最後に特大たいまつで井げたを組み、クライマックスの「灯ろう焼き」。寺の大灯ろう、檀家たちの切り子灯ろうが井げたの中に放り込まれると高さ10㍍近くにもなる大きな炎が暗闇に浮かび上がり、カメラマンたちは幽玄の世界に魅せられながら次々とシャッターを切っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る