みなべの光明寺で六斎念仏始まる

 県の指定無形文化財となっている、みなべ町晩稲、西山浄土宗光明寺(和田教完住職)の「六斎念仏」が14日から行われている。400~500年前、旅の僧侶が地元に滞在して人々に念仏を伝えたのが始まりといわれ、本堂、地蔵堂や英霊堂などで経を唱える仏事。23日までの期間、計5日間にわたって続けられる。
 言い伝えによると400~500年前、晩稲地内の下の尾地区に旅の僧侶が長期にわたって滞在し、住民に経を伝えたとされる。経は「七つ子」「賽の川原」「六字訓」「四方拝」「山ごもり」「身売り」の6曲で、1曲15~30分。戦前は光明寺の盆行事として有名だったが、戦時中に一時中断。戦後、寺や檀家信徒の努力で復活し、現在は檀家信徒で結成する六斎念仏保存会(嵜山瀁会長)が続けている。14日から23日までの5日間にわたって本堂、地区内の薬師堂、大師堂など8カ所で行われる。昭和44年4月には、「紀南地方における浄土宗の教えの隆盛を物語る仏教芸能の一つで、文化遺産としての価値が高い」と県無形民俗文化財に指定された。
 ことしも保存会のメンバー4人が参加。初日には光明寺の墓地の一角に建てられている英霊堂で「四方拝」、本堂や地蔵堂で「六字訓」、「七つ子」をそれぞれ唱えた。澄んだ鉦の音色と厳かな読経の声が周辺に響いた。16日には薬師堂で実施。17日に常楽観音と庚申、20日に大師堂、23日に地蔵堂と本堂で行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る