南部高が軟式野球で優勝 全国へ

 第59回全国高校軟式野球選手権近畿大会の決勝が5日に滋賀県彦根市の彦根球場で行われ、県代表の南部が比叡山(滋賀)を1―0で下して19年ぶり2回目の優勝。25日から兵庫県内で開催される全国大会への出場を決めた。南部は舟越、樫本の両投手が相手打線を無安打無得点に抑え、虎の子の1点を守りきった。池田哲也監督は大舞台へ向けて「自分たちの野球で優勝を狙いたい」と意気込んでいる。
 近畿大会には和歌山、奈良、京都、滋賀の4県代表が出場。南部は初戦で立命館(京都)に2―1で逆転勝ちし、勢いに乗って決勝に臨んだ。
 決勝は序盤から息詰まる投手戦。南部は2回と5回に走者を得点圏に進めるが、後続が断たれ、両チームとも無得点のまま終盤を迎えた。南部は8回、2死一塁で1番・樫本が左中間を破る三塁打を放ち、待望の先制点。守っては先発の舟越が5回まで、6回からは樫本が2番手登板し、それぞれ被安打0の快投を見せた。
 池田監督は「最初から継投を考えていた。好投していた舟越の交代にも迷いはなかった。両投手がよく投げてくれたし、細かいミスも全員でカバーできた」と勝因を話し、樫本竜主将は「大勢の皆さんの応援の力で優勝することができた。全国でも優勝できるように頑張りたい」と闘志を燃やしていた。
 全国大会には各予選大会を勝ち抜いた16校が出場する。南部のメンバーは次の皆さん。
 樫本竜、舟越彩人、竹本智、堺目忠将、東光翔馬、大前尋、井戸崇人、山本悠偉、堀本光司、井善之、池永侑樹、岡田卓真、田中僚馬、鈴木順也、坂内拓磨、岩本祥太

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る