自己紹介 上手にできるかな

 美浜町地域福祉センターで28日夜、夏休み恒例の手話教室が開かれ、小さな子どもから80代の女性まで約70人が参加。和気あいあいとした雰囲気のなか、簡単なあいさつや自己紹介などの基本を学んだ。
 町社会福祉協議会ボランティアセンターが主催する2夜連続の教室。美浜町手話愛好会のメンバーが講師となり、初日の28日は中島美雪会長が耳の不自由な人とのコミュニケーション方法として筆談、身ぶり、口話などがあると説明、実践しながら、「口の形を読み取る口話だけでは分かりにくいですが、身ぶりを一緒にするととても分かりやすくなります」と説明した。
 参加者は6、7人ずつのグループに分かれ、「おはよう」「こんにちは」などのあいさつや50音の指文字の表を見ながら自己紹介を練習。「たばたの『た』はどうやった?」「あかん、手ぇつりそう…」などと笑顔があふれ=写真=、楽しみながら手話を覚えていた。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る