御坊駅のバリアフリー化が加速

 JR御坊駅のバリアフリー化事業は、国が27年度分の予算を前倒しすることになったと、二階俊博代議士から連絡が入った。地元からの強い要望を受けて、来年9月の紀の国わかやま国体までに完成させるのが狙い。エレベーターやスロープの設置を計画しており、高齢者や障害者はもちろん、国体関係者らに朗報となりそうだ。
 国はバリアフリー化事業について平成26年度地域公共交通確保維持改善事業補助金事業として採択。総事業費は3億6000万円で、うち事業主体となるJR西日本が3分の1を負担。残りは国が3分の1、地元自治体の御坊市と和歌山県が合わせて3分の1を補助する。市と県の予算は平成26年度当初議会で計上。国は26年度予算で1000万円を計上し、27年度に残りの1億1000万円をつける予定だった。しかし、国体の選手ら多くの人がJRを利用することが予想される中、御坊市などは国体までの完成を強く要望していた。これを受け、国は27年度分の予算を26年度分として追加。工事が前倒しで行われる。
 現在、JR御坊駅は線路をまたいでプラットホームを移動するために階段を利用しなければならず、バリアフリー化のメーン工事としてエレベーター2基を設置。このほか、駅出入り口へのスロープ設置、多機能トイレ整備などを予定している。
 バリアフリー化はおととし9月、御坊の商店街や御坊商工会議所、各種団体が1万2926人分の署名を添えて御坊市に要望した経緯がある。バリアフリー化の国の補助要件は一日当たりの乗降客が5000人以上の駅となっていたが、23年度に緩和されて3000人以上となった。御坊駅の24年度実績は3525人で要件を満たしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る