御坊駅のバリアフリー化が加速

 JR御坊駅のバリアフリー化事業は、国が27年度分の予算を前倒しすることになったと、二階俊博代議士から連絡が入った。地元からの強い要望を受けて、来年9月の紀の国わかやま国体までに完成させるのが狙い。エレベーターやスロープの設置を計画しており、高齢者や障害者はもちろん、国体関係者らに朗報となりそうだ。
 国はバリアフリー化事業について平成26年度地域公共交通確保維持改善事業補助金事業として採択。総事業費は3億6000万円で、うち事業主体となるJR西日本が3分の1を負担。残りは国が3分の1、地元自治体の御坊市と和歌山県が合わせて3分の1を補助する。市と県の予算は平成26年度当初議会で計上。国は26年度予算で1000万円を計上し、27年度に残りの1億1000万円をつける予定だった。しかし、国体の選手ら多くの人がJRを利用することが予想される中、御坊市などは国体までの完成を強く要望していた。これを受け、国は27年度分の予算を26年度分として追加。工事が前倒しで行われる。
 現在、JR御坊駅は線路をまたいでプラットホームを移動するために階段を利用しなければならず、バリアフリー化のメーン工事としてエレベーター2基を設置。このほか、駅出入り口へのスロープ設置、多機能トイレ整備などを予定している。
 バリアフリー化はおととし9月、御坊の商店街や御坊商工会議所、各種団体が1万2926人分の署名を添えて御坊市に要望した経緯がある。バリアフリー化の国の補助要件は一日当たりの乗降客が5000人以上の駅となっていたが、23年度に緩和されて3000人以上となった。御坊駅の24年度実績は3525人で要件を満たしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る