近畿ジュニア柔道 紀央館の女子3選手が3位

 近畿柔道連盟主催の第9回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会が6日に兵庫県立武道館で開かれ、女子で紀央館の3選手が3位入賞と健闘を見せた。3選手とも3位同士による決定戦に敗れたため、秋に埼玉県で開催される全日本ジュニア体重別選手権大会への出場はならなかった。
 1994年1月1日~99年12月31日生まれの選手が対象。男女とも8階級に2府4県の代表が参加し、それぞれ熱戦を展開した。全日本ジュニアには各階級とも優勝、準優勝と3位同士の決定戦勝者の計3選手が出場する。
 紀央館の女子3選手は、山本七海さん(2年)、岡本希望さん(3年)、松田なみきさん(2年)。63㌔級の山本さんは2回戦を大外刈りで一本勝ち、3回戦を指導2つで優勢勝ちしたが、準決勝と決定戦はともに抑え込みで一本負けした。70㌔級の岡本さんは2回戦を抑え込みで一本勝ち、3回戦を指導2つで優勢勝ちしたものの、準決勝は指導3つで優勢負け、決定戦は抑え込みで一本負け。78㌔級の松田さんは2回戦を抑え込みで一本勝ち、3回戦を払い腰で一本勝ちし、準決勝と決定戦はいずれも指導2つで優勢負けを喫した。
 3選手は、8月に団体、個人両部門でインターハイに出場する。紀央館女子の松村遥香監督は「この大会は3人とも詰めのあまさがあった。これから調整し直してインターハイで上位を目指してほしい」と一層の飛躍を期待。山本選手は「準決勝から気持ちで負けていた」、岡本さんは「決定戦は体力負け」、松田さんは「決定戦ではメンタルで負けていた」とそれぞれ反省を口にし、次の大舞台での活躍を誓っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る