早く梅ジュース飲みたいな

 みなべ町晩稲、白梅幼稚園(和田教学園長)で25日、3~5歳児24人が梅ジュースづくりに取り組んだ。
 材料の梅は園で用意し、冷凍にした南高梅9㌔を使った。園児たちはマスクを着けて作業を行い、果実の表面に付いた霜をキッチンペーパーできれいに取り除き、3つの容器に分けて入れた。氷砂糖も梅と同じ分量を入れて準備完了。2~3週間で果汁が出て、おいしい梅ジュースが完成する。出来上がったジュースは園のおやつで味わうほか行事の時などに提供する。和田園長は「子どもたちが地場産業の梅に親しみ、自分たちでつくったジュースを味わってもらいたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る