みなべ、印南の南高梅 出荷目標達成へ

 梅の主産地、みなべ町と印南町の旧JAみなべいなみ管内では主力品種南高梅の出荷量の累計が23日現在で3080㌧。市場出荷目標の3200㌧に対して96%で、目標達成まであと少しとなった。出荷は7月上旬まで続き、JA紀州の担当は「ことしは、目標をクリアできそうだ」と話している。価格面では昨年同期より㌔当たり50~100円程度高い状況が続いている。
 ことしは先月29日から出荷受け付けが始まった。前半は果実を太らせる雨が不足ぎみだったが、その後は適度な降雨もあり順調に推移。今月15日にピークを迎え、一日の出荷量は293㌧にも上った。昨年は豊作で、ことしは不作傾向になるといわれたが、23日現在の出荷量を比較すると、昨年の3048㌧を上回る3080㌧となっている。サイズは3L、2Lが中心で、心配された病害虫も目立った被害はないという。同JAの販売担当者は「出荷前は不作傾向といわれて心配されたが、順調に推移している。旧JAみなべいなみ管内では、目標を達成できそうだ」と話している。23日現在の価格は、㌔当たり4Lが360円、3Lが320円、2Lが290円で、昨年同期よりも50~100円程度高値となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る