マダニ媒介のSFTS 日高郡の女性が感染

 県は20日、県内で初めてとなるマダニを介して感染する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の患者が確認されたと発表した。
 患者は日高郡の70代の女性。県健康推進課などによると、女性は発熱、下痢などの症状を訴え、13日に医療機関を受診。海外渡航歴がなく、症状が出る前は農作業をしていたことや、体に刺し口が残っていたことなどから、血液を調べたところ、SFTSウイルス遺伝子が検出された。
 国内では平成25年1月に海外渡航歴のない人の感染が初めて確認され、全国ではこれまで西日本の14県で67人が感染、うち20人以上の死亡が報告されている。今回の和歌山県の女性は入院しているが、回復傾向にあるという。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る