ウナギ捕りが〝絶滅〟の危機

 ウナギの稚魚、シラスウナギの漁獲量が減少傾向にある。国内の漁獲量は、昭和30年代には年間200㌧を超えていたが、昭和60年代に入ってからは20㌧前後で推移。さらに数年前からは激減し、昨年は過去最少となる5・2㌧にまで落ち込んだ。昭和30年代と比較すると約40分の1になったという。ウナギの生息環境が悪化、乱獲が続いていることが影響しているようだ。
 小さな頃から、近くの川でウナギ捕りをした思い出がある。ウナギの捕まえ方はいろいろある。初夏から秋頃にかけては夜に釣りに行くのが一般的だが、川が増水で濁った場合にも釣れる。他にも、ウナギが棲んでいそうな場所に竹の棒で釣り針の付いたエサを送り込む穴釣りなどの漁法もあるし、1度入ったら出ることができない仕組みになっている竹で編んだモドリの付いた竹筒を一晩仕掛けておいても捕まえることができる。そのどれも手軽で、子どもの頃はとても楽しく夢中になった。竹筒を仕掛けた日の夜は、仕掛けを上げる翌朝が待ち遠しくて、なかなか寝つかれなかった。
 筆者が川で遊んだのは昭和50年代ごろ。さらに過去にさかのぼると、昭和20年から30年ごろはもっとウナギが多かったという。父親らの話によると、一日にウナギが10匹以上捕れることは珍しくなかったそうだ。
 やはり、年々個体数が少なくなっているのは間違いなく、このまま進めばウナギは幻の魚になってしまうかもしれない。仮にそういう日が来れば、手軽だったウナギ捕りもできなくなる。ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたが、ウナギ捕りという川遊び自体がみられなくなってしまうという危機に瀕しているのかもしれないと思うと、寂しい。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る