安珍・清姫も喜ぶ生き方を

 日高川町道成寺の小野俊成住職が4日、御坊市の㈲ヒューマンケアキタデのデイサービスセンターキタデで安珍清姫伝説の絵解き説法を披露し、お年寄り約50人を楽しませた。
 小野住職は絵巻を見せながら、道成寺で行っている説法と同じくユーモアたっぷりで、会場には笑い声が響いた。道成寺に逃げる安珍、蛇となって日高川を渡る清姫、絵巻に書かれている周りの人物の心情など利用者に質問しながらテンポよく語りかけ、お年寄りはうなずきながら聞き入っていた。最後に「皆さんは夫婦や子どもたちなど、近い人と仲良くしてください。安珍と清姫もきっと喜ぶと思います」と話し、大きな拍手に包まれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る