しこ、ふんじゃった!

 今月31日の伝統行事、校内相撲大会に向け、日高川町の三百瀬小学校(野田浩道校長)で15日、相撲教室が開かれ、全児童33人が汗を流した。
 町職員の西義一さんと自営業の井藤満人さんが指導。男子はまわし姿、女子は体操着で土俵に上がり、基本の習得に励んだ。しこでは勇ましく豪快に足を上げ、腰を落としわきを締めた体勢でのすり足、柱に向かっての鉄砲など体験。ぶつかり稽古で復習したあと、取組を行い、実践でまわしの取り方や寄り、押しなどを身につけていった。
 近くの紀道神社では数年前まで奉納相撲が行われるなど相撲になじみのある地域で、同校では毎年この時期に相撲大会が開かれている。ことしは第50回の記念大会。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る