印南で戦没者追悼式

 印南町は27日に町公民館で戦没者追悼式を行い、遺族らが英霊636柱の冥福を祈った。
 日裏勝己町長は「二度と戦争を繰り返すことのないよう、世界の恒久平和を多くの人々と手を携えて進めていくとともに、過去の戦争体験を若い世代の人々に引き継ぎ、全町民の戦争と平和に関する意識の高揚に努めてまいりたく存じます」。遺族会の野村茂一会長は「戦没者の方々に心から哀悼の誠をささげ、遺族の皆さまとともに平和への力強い歩みをさらに一歩前進させていくことをお誓い申し上げます」とそれぞれ追悼の言葉を述べ、出席者が順に献花していった。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る