ツキノワグマは3歳のメス

 7日朝、日高川町愛川地内の山中で見つかったツキノワグマは、全長1・09㍍、体重29㌔、推定3歳の大人になる前のメスだということが分かった。
 場所は、東又と呼ばれる地域の林道付近。民家や田畑など人里から2㌔ほど離れている。
 この日午前8時ごろ、皆瀬地内に住む男性(58)がイノシシ、シカ用の箱わなにかかっているのを発見、役場へ通報した。このツキノワグマはえさを探していたところ、わなの近くにあった大好物のみつの樽に誘われ、わなにかかったとみられる。現場へは野生動物の専門家らが駆けつけ、クマを麻酔で眠らせたあと、体内に調査用のマイクロチップなど埋め込んで山奥に運び、再び人里に訪れないよう学習させて放した。
 ツキノワグマは紀伊半島では希少動物とされ、県では保護を基本に狩猟を禁止している。県内での捕獲は昨年1月の有田川町以来。日高川町では、寒川や三十木などで目撃されているが、捕獲は22年6月の妹尾以来4年ぶり。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る