安珍追いかけ炎吐き

 日高川町鐘巻の道成寺で27日、恒例の鐘供養会式が行われた。休日でもあり、例年より多い約1万人の見物客でにぎわった。
 最大の呼び物、ジャンジャカ踊りは日高川の河川敷からスタート。「恋の一念ジャンジャカジャン」のメロディーに合わせて、郷土芸能安珍清姫保存会(地蔵国男会長)や地元鐘巻区民、大成中学校生徒、きのくに信用金庫道成寺支店の庫員ら約70人が担ぐ張り子の大蛇と踊り子が道成寺まで練り歩いた。長さ21㍍もある大蛇は迫力満点。清姫の化身の大蛇は、赤い炎を吐きながら野口小4年の大田士煌(しき)君扮する安珍を追いかけて62段の石段を一気に駆け上がり=写真=、本堂目指して突入。境内では安珍が隠れる釣り鐘に蛇体を巻きつかせ、釣り鐘もろとも焼き尽くした。見事な絵巻物語の再現に観客から大きな拍手が送られた。天候にも恵まれ、張り子の大蛇は、数年ぶりに日高川を野口側から藤井側へ渡り、見物客を楽しませた。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る