安珍追いかけ炎吐き

 日高川町鐘巻の道成寺で27日、恒例の鐘供養会式が行われた。休日でもあり、例年より多い約1万人の見物客でにぎわった。
 最大の呼び物、ジャンジャカ踊りは日高川の河川敷からスタート。「恋の一念ジャンジャカジャン」のメロディーに合わせて、郷土芸能安珍清姫保存会(地蔵国男会長)や地元鐘巻区民、大成中学校生徒、きのくに信用金庫道成寺支店の庫員ら約70人が担ぐ張り子の大蛇と踊り子が道成寺まで練り歩いた。長さ21㍍もある大蛇は迫力満点。清姫の化身の大蛇は、赤い炎を吐きながら野口小4年の大田士煌(しき)君扮する安珍を追いかけて62段の石段を一気に駆け上がり=写真=、本堂目指して突入。境内では安珍が隠れる釣り鐘に蛇体を巻きつかせ、釣り鐘もろとも焼き尽くした。見事な絵巻物語の再現に観客から大きな拍手が送られた。天候にも恵まれ、張り子の大蛇は、数年ぶりに日高川を野口側から藤井側へ渡り、見物客を楽しませた。

関連記事

フォトニュース

  1. 私の体験を知ってもらえれば

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る