印南の笹野さんに藍綬褒章

 平成26年春の褒章受章者が決まり、日高地方からは長年にわたり保護司を務めてきた笹野久代さん(72)=印南町印南原・農業=が更生保護功績で藍綬褒章に選ばれた。県内では業務奨励や消防功績などで8人が受章。笹野さんの伝達、拝謁は12日に東京で行われる。
 笹野さんは平成元年に稲原地区の保護司となり、以後13期26年、罪を犯した人たちの精神的、社会的な支えとして社会復帰した際に幸福な人生を送れるよう献身的に活動。また日高保護司会の印南分会長を務め、社明運動や薬物乱用防止の啓発などにも力を入れている。
 これまでに保護観察の対象となった少年5人を担当。窃盗や交通事故などで1~3年間、毎月2回自宅へ迎え、1回は訪問。いまどんなことをしているのかなど少年たちの話を親身になって聞き、社会復帰を助けてきた。担当してきた少年たちは家業を継いで農業に就いたり、土木の仕事を始めたり、結婚して子どもができるなど、再び罪を犯すことなく、健全な社会の一員となっている。笹野さんは「みんな自分の孫のように接してきました。大人になって結婚したり子どもが生まれたこと、仕事に就いたなどの話を聞くと、うれしくてやりがいを感じます」と笑顔を見せる。受章については「夢にも思っていなかったので、とても驚いていますが、非常に名誉なことと感じています。75歳の定年までの3年間、この受章を励みに続けていきたいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る