日高川の中島さん 釜石へうろこ取り器贈る

 日高川町上初湯川の中島知久平さん(65)は25日、東日本大震災で被災した岩手県釜石市の釜石湾漁業協同組合に自身が発明した「魚のうろこ取り器具」100個を届けた。平成23年9月の台風で被害を受けた日高川町が復興するきっかけにと考案した商品で、今回同組合の力になりたいとの思いから町を通じて送った。中島さんは「関係者の皆さんに喜んでいただき、復興へのさらなる元気と活気につながれば」と話している。
 中島さんは、明るい話題を提供することで、台風被害を受けた日高川町を元気にしたい、活気づけたいとの思いから商品を発明。先日、地震による津波で壊滅的な被害を受けた釜石湾から漁船が出港するニュースを見て、「復興に向かって頑張っておられる釜石の漁協の人たちの力になりたい、喜んでもらいたい」と商品の無償提供を決めた。
 この日、中島さんは役場を訪れ、「組合に尋ねてみたところ、漁師の皆さんが、うろこ取りに頭を悩ませており、ぜひいただきたいとのことでした。今度は釜石の皆さんに喜んでいただき、復興への手助けになれば」と市木久雄町長に商品を手渡した。市木町長は「互いに被災した地域。釜石はとても大きな被害でしたが、きっと喜んでくれると思います」と述べた。
 商品は、料理の際に多くの人を悩ませるうろこを飛び散らすことなく、楽々と取れる優れもの。どんな魚でもきれいにうろこを取り除くことができる上、軽くてコンパクト。洗浄も簡単でとても使いやすいと評判。店頭販売はされておらず、中島さん個人が販売しており、これまで県内を中心に150個ほど売れているという。
 昨年2月に特許を取得。昨秋の第53回暮らしの発明展(一般社団法人全国発明婦人会主催)で特賞の近畿経済産業局長賞を受賞している。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る