美浜の松原小に県緑化功労賞

 県の和歌山の森林、樹木を守り育てる条例に基づき、森林等の保護育成活動に功績のあった団体、個人をたたえる本年度の県緑化功労賞に、美浜町の松原小学校(前田嘉信校長)が決まった。同校は毎年、県林業試験場等から講師を招き、松林の環境を守る学習に取り組んでおり、毎日、児童が学校周辺の松林の清掃活動を実施。5月24日に日高川町の天文公園で開催される「わかやま森林と樹木の日」記念行事で表彰される。
 松原小学校は美浜町のシンボル、煙樹ケ浜の松林を守る活動に取り組んでおり、毎日、1年生から6年生までが縦割り班で学校周辺の松林を清掃。秋には県の林業試験場や日高振興局林務課の職員らを講師として、菌根性きのこ「ショウロ」の発生誘導試験も行っており、松が強く根を張る栄養分の少ない土壌を守ることで、最近では毎年のようにショウロが見つかるようになったという。
 このほか、昨年度は4月に緑の募金活動への参加、6月に日高川町のゆめ倶楽部21から講師を招いての緑育学習があり、12月には松の間伐体験、町の清掃活動に合わせた松林のクリーン作戦などを実施。地域の美化も合わせ、子どもたちの地道な緑化活動が続いている。
 5月24日の「わかやま森林と樹木の日」記念行事は、平成23年度に開かれた全国植樹祭の翌年から始まり、24年度は田辺市の新庄総合公園、25年度は和歌山市の四季の郷公園で開催。ことしはみどりの少年団の小学生ら約300人が参加、仁坂吉伸知事から松原小の表彰状授与があり、全国植樹祭で天皇皇后両陛下がお手蒔きされたオガタマノキ、クマノミズキの記念植樹、木工体験等が行われる。
 松原小の前田校長は「美浜町や県、地域住民の皆さまのご指導とご協力、卒業された先輩方から受け継いだ伝統があってこその表彰です。これからもこのすばらしい松林を愛し、守り育てていく活動に頑張りたいと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る