大きく育ってね

 印南町の切目川漁業協同組合(廣原敏弘代表理事組合長)は9日、切目川でアユの稚魚を放流。清流小学校の児童も協力した。
 2、3、4年生41人が学校近くの切目川で放流。組合員から稚魚をバケツに入れてもらったあと、川沿いに一列に並んで放した。子どもたちは水の中ですいすい泳ぐ稚魚を眺めながら、「いってらっしゃい。元気に育ってね」と手を振っていた。2年生の市原佑夏ちゃん、小田穂乃花ちゃんは「楽しかったです。早く大きくなってほしいです」と笑顔で話していた。
 この日は切目川の羽六から川又までの20カ所で160㌔を放流した。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る