友達いっぱいできるかな

 日高地方の各小中学校で8日、入学式が行われ、新1年生が期待と不安を胸に学校生活をスタートさせた。
 印南町の印南小学校(平尾潔司校長)では41人が入学。新1年生は在校生に拍手で歓迎されて入場。点呼では担当教諭が1人ずつ名前を呼び、1年生は「はい」と大きな声で返事し起立していた。
 平尾校長は「皆さんは1年生になってうれしいと思いますが、ちょっと心配もしているのではないでしょうか。でも学校ではお兄さん、お姉さんが優しく教えてくれますので、心配せずに毎日元気に登校してください」と呼びかけた。
 8日は印南町のほか由良町と日高町、日高川町の一部学校で行われ、御坊市などその他の学校は9日に行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る