みなべの新生高城中で開校式

 みなべ町の旧高城中学校と旧清川中学校が統合して誕生した新生高城中学校(上村浩平校長)の開校式が、6日に同校で行われた。2・3年生48人(高城地域28人、清川地域20人)のほか教育関係者ら約100人が出席。式では小谷芳正町長が「高城中学校はきょうから新たな歴史を刻み始める。両校の歴史と伝統を継承しながら学力やスポーツを向上させていくことを願う」とあいさつした。新しい校歌も披露され、皆で声を合わせてうたった。
 小谷町長はあいさつで「きれいなふるさとのたたずまいが広がるこの素晴らしい学舎は、生徒たちにとって絶好の教育環境。新しくできた多くの友達と力を合わせて、新生高城中学校を築いてほしい」と述べた。小谷眞千子教育委員長も旧校より増えたクラブ活動を紹介しながらあいさつした。坂本登県議、田中昭彦町議会議長、保護者代表の米澤強さんが祝辞し、新しい学校に期待を込めた。続いて全校生徒で新しい校歌を斉唱。作詞した玉井和子さん、作曲の千原英喜さんにそれぞれ感謝状を贈った。生徒代表の稲田あかりさん(新3年)は「統合して新しい友達ができる。クラブ活動の数も増えて充実する」、上村校長も「生徒の意欲というエネルギーを集めて新しい学校づくりを進めていきたい」とそれぞれ述べた。クラブ活動は野球、バレーボール、男女軟式テニス、卓球の4クラブ。旧高城には卓球、旧清川にはバレーがなく、いずれも1クラブ増えて活動が充実する。8日には入学式が行われ、18人が入学する。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る