NTT西日本 御坊別館ビルのドア改修へ

 西日本電信電話㈱(NTT西日本)は、津波避難ビルとして御坊市と協定を結んでいる薗地内、御坊別館ビルのドアを、外部から解錠できるよう特殊な改修を行う。いまは鍵を保管している地元区長らが災害時に開けることになっているが、鍵がなくても入れるようにしてスムーズな避難に役立てる。費用の30万円は同市の全額負担で、工事は今月下旬から始まり、来月上旬にも完成する。
 市街地には津波の一時避難ができるような高い建物や場所が少ないため、4階建ての御坊別館ビル(高さ15㍍、340人収容可)は貴重な避難場所となっており、御坊市は地震発生時に活用できるよう、NTT西日本と平成24年1月に災害協定を締結。同ビルには外階段がなく、裏手のドアから入るための鍵を地元区長3人と市役所が保管している。しかし、地元住民らが避難訓練を行う上で、「鍵の到着を待っていてはスムーズに避難できない」などの不安の声が上がり、外部から鍵がなくても入れるよう、世耕弘成参議や二階俊博代議士の秘書を通じてNTTと市に要望が出されていた。
 ただ、防犯やいたずらなどの問題もあるため、外部からだれでも解錠できるようにするには難しい面もあったが、NTT側が関係業者らと相談して方法を工夫。ドアの一部を破って鍵を回せるようにする。その際には警備会社にも連絡が入るようにし、平常時のセキュリティーにも万全を期す。解錠の仕組みについて市担当課は「改修工事が終わったあとに地元住民への詳しい説明を行いたい。みんなに開け方を知ってもらわなければならない半面、いたずらなども心配。慎重に情報提供していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る