御坊市民教養講座講師決まる

 市制施行60周年事業、平成26年度市民教養講座(榎本浩巳運営委員長)は、5月25日を皮切りに来年1月17日まで全6回にわたり御坊市民文化会館で開講。流行語大賞となった「今でしょ」でおなじみの林修氏(東進ハイスクール講師)をはじめ、人気番組「探偵ナイトスクープ」に長年出演したタレントの岡部まり、落語家の三遊亭好楽、タレントの荒木由美子、㈱独立総研代表取締役社長の青山繁晴、歌手の米良美一の6氏が講師を務め、それぞれの専門分野で聴かせる。
 チケットは4月16日午前9時から市民文化会館、市教育委員会、美浜・日高・川辺・中津・美山・印南・由良町の各公民館で販売する。6回通し券で3000円。1人が1回に購入できるのは2枚まで。3枚以上必要な場合は再度並ぶこと。問い合わせは市教育委員会生涯学習課℡0738-23-5525。日程と講師のプロフィルは次の通り(時間はいずれも午後2時から)。
 5月25日 林修「『伝わる』言葉と『伝える』言葉」。昭和40年、名古屋市生まれ。東京大学法学部卒業。現在は東大・京大など難関コースを中心に授業を行い、抜群の東大合格実績を誇る東進ハイスクールの躍進に貢献。担当は現代文。主な著書は「いつやるか?今でしょ」「今やる人になる40の習慣」「林修の『今読みたい』日本文学講座」など。
 6月14日 岡部まり「つないでいきたい日本人の心」。長崎県生まれ。福岡女学院短期大学英語科卒業。各メディアの司会などのほか女優業、執筆業など幅広く活動。朝日放送「探偵 ナイトスクープ」の秘書役を21年間務める。外国映画に造詣が深く、映画に関するエッセー、女性の視点でのエッセーなど出版。近年は暮らしに関する企画のイベントなどにも積極的に参加。
 7月12日 三遊亭好楽「人生、好んで楽しもう」。昭和21年、東京生まれ。41年、故林家正三に弟子入りを許され、56年に真打ち昇進。日本テレビ「笑点」の大喜利メンバーに選ばれる。57年、師の死去により三遊亭円楽一門に移籍。心機一転のため「笑点」を降板し、独演会や一門会で古典落語を修行。63年「笑点」に復帰、レギュラーとして活躍中。
 9月6日 荒木由美子「私の介護~荒木由美子が語る愛と感動の家族物語~」。昭和35年、佐賀県生まれ。51年にホリプロスカウトキャラバンで審査員特別賞を受けデビュー、活躍。58年、歌手の湯原昌幸と結婚し芸能界を引退。結婚2週間後に倒れた義母を20年間介護し、平成16年体験をもとにつづった「覚悟の介護」を出版。これを機に芸能界に復帰し、幅広く活動している。
 10月25日 青山繁晴「日本の出番、祖国は甦る」。昭和27年、神戸市生まれ。慶大文学部中退、早大政経学部卒。共同通信社で事件記者などを務め政治部へ。首相官邸や防衛庁(当時)等を担当、ペルー事件でリマに特派されたあと依願退社。三菱総研研究員に迎えられ、国家戦略の立案に携わる。平成14年、独立総合研究所を創立。講演・執筆・テレビ出演で活躍中。
 1月17日 米良美一「生きながら生まれ変わる」。平成6年、洗足学園音楽大学卒業、第8回古楽コンクール最高位受賞。平成9年、宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」のテーマ曲歌唱に起用され、類まれな美声と音楽性で海外でも高く評価。平成19年、自叙伝「天使の声~生きながら生まれ変わる」を出版。全国での講演、テレビ出演で世代を超えて人気を集めている。

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る