母の日参りを全国にアピール

 JA紀州中央(芝光洋組合長)の青年部名田支部が提案している「母の日参り」を全国へ広めようと、JAと線香の大手㈱日本香堂(小仲正克社長)がスクラムを組むことが決まった。去る24日に東京の同社で記者会見が行われ、芝組合長と小仲社長が母の日参りキャンペーンを展開していくことを確認した。
 日本香堂は以前から「母の日参り」を商標登録しており、JA青年部の取り組みと意見が一致。今後は熊本や長野など全国の花産地に呼びかけて母の日参りの普及へ一体となって取り組んでいきたい考え。会見では、小仲社長が「JAグループ和歌山との相乗効果でさらに取り組みが広がる」などと期待を寄せ、芝組合長は「花は心の癒やし。全国の産地と手を携えてバレンタインデーのようにいつかは文化の一つになるように取り組んでいきたい」と決意を示した。提案者の青年部員やシンガーソングライターのにしゆきさんも同席。にしさんは『母の日参り』の歌を作詞作曲してうたい、活動をサポートしていく。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る