母の日参りを全国にアピール

 JA紀州中央(芝光洋組合長)の青年部名田支部が提案している「母の日参り」を全国へ広めようと、JAと線香の大手㈱日本香堂(小仲正克社長)がスクラムを組むことが決まった。去る24日に東京の同社で記者会見が行われ、芝組合長と小仲社長が母の日参りキャンペーンを展開していくことを確認した。
 日本香堂は以前から「母の日参り」を商標登録しており、JA青年部の取り組みと意見が一致。今後は熊本や長野など全国の花産地に呼びかけて母の日参りの普及へ一体となって取り組んでいきたい考え。会見では、小仲社長が「JAグループ和歌山との相乗効果でさらに取り組みが広がる」などと期待を寄せ、芝組合長は「花は心の癒やし。全国の産地と手を携えてバレンタインデーのようにいつかは文化の一つになるように取り組んでいきたい」と決意を示した。提案者の青年部員やシンガーソングライターのにしゆきさんも同席。にしさんは『母の日参り』の歌を作詞作曲してうたい、活動をサポートしていく。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る