はしご車で迅速消火

 御坊市消防は20日、新しいはしご車を導入した。
 これまで使っていたはしご車は平成4年に購入しており老朽化に伴い更新した。はしごの長さ15㍍や車両の大きさは変わらないが、以前ははしごに消防ホースを添わせて放水していたが、新車ははしごに送水管がついており、車体側面の送水口にホースを連結するだけ。隊員が乗り込むバスケット部分の2カ所に放水口があり、筒先を装着して方向を自由に変えて放水できる。これまでより放水までの時間が短縮でき、効果的な消火活動が実践できるようになった。
 市役所駐車場でお披露目され、柏木征夫市長は「火災のときは被害を最小限にくい止めるよう活用してほしい」と願いを込めて話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る