犯人の指紋を見逃がすな

 警察官A採用試験の受け付けが今月から始まっていることを受け、御坊署は15日、受験セミナーを開き、警察官を目指す高校生ら6人がやりがいなどを学んだ。
 警察学校での生活や具体的な仕事内容についてビデオを見て知識を深めたあと、若手署員と交流。採用されて1年の古久保安紀巡査(25)と中山剛巡査(23)への質問タイムでは、警察官を目指した理由や受験対策の勉強方法などを熱心に聞いていた。鑑識体験も行われ、缶コーヒーについた指紋の採取に挑戦。真剣な表情で取り組んでいた。将来は警察官になりたいと思って参加した日高高校2年の楠本寛人君は「いろんな話と体験ができて、なりたい気持ちがますます強くなりました」と笑顔で話していた。
 大学卒業者が対象の警察官Aは4月11日まで受け付けている。詳しい問い合わせは御坊署℡0738ー23ー0110。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る