高卒就職内定率 リーマンショック前の水準に

 ことし春に県内の高校を卒業する生徒の就職内定率が12月末現在で78.1%となり、平成20年秋のリーマンショック以降、最高の数値まで回復したことが和歌山労働局のまとめで分かった。
 労働局職業安定課によると、県内の新規高卒者の内定率は、リーマンショック直後の20年12月で80%だったが、翌年12月は71.9%までダウン。おととし12月も71.3%と低迷していたが、国内景気の回復に伴い昨年12月は一気に6.8㌽上昇し、内定率、求人倍率ともリーマンショック以降で最高、世界同時不況前の水準にまで回復した。
 同課は「今後は有効求人倍率等にみられる雇用情勢の持ち直し、企業合同面談会等の効果により、20年度の水準を上回ることに期待がかかる」としており、21日には和歌山市のホテルグランヴィア和歌山で合同就職面談会を開く。

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る