高卒就職内定率 リーマンショック前の水準に

 ことし春に県内の高校を卒業する生徒の就職内定率が12月末現在で78.1%となり、平成20年秋のリーマンショック以降、最高の数値まで回復したことが和歌山労働局のまとめで分かった。
 労働局職業安定課によると、県内の新規高卒者の内定率は、リーマンショック直後の20年12月で80%だったが、翌年12月は71.9%までダウン。おととし12月も71.3%と低迷していたが、国内景気の回復に伴い昨年12月は一気に6.8㌽上昇し、内定率、求人倍率ともリーマンショック以降で最高、世界同時不況前の水準にまで回復した。
 同課は「今後は有効求人倍率等にみられる雇用情勢の持ち直し、企業合同面談会等の効果により、20年度の水準を上回ることに期待がかかる」としており、21日には和歌山市のホテルグランヴィア和歌山で合同就職面談会を開く。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る