インフルエンザ 県内も流行本格化

 今月13日から19日まで(第3週)の県内のインフルエンザ定点当たり患者報告数が13.32人となり、今季初めて注意報基準の10人を超えた。
 全国の第3週の定点当たり報告数は11.78人で、都道府県別では30都府県で注意報基準値をオーバー。県内(50医療機関)の第3週報告数もことしに入って急増しており、前の週の405人から261人増の666人となった。
 第3週の県内の患者数を各保健所別にみると、多い順に和歌山市205人、田辺123人、岩出104人、橋本94人と続き、御坊保健所管内(みなべを除く日高地方6市町)は12人(定点当たり報告数4.00人)で、海南と並んで最も少ない。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る