十二支で最少の午年生まれ

 平成26年、甲午(きのえうま)がスタートした。筆者も当たり年なのだが、ニュースによると午年生まれの人は推計958万人、十二支の中では最も少ないという。理由ははっきりしていて、昭和41年、丙午(ひのえうま)生まれの人数が少ないことが影響しているそうだ。
 実は筆者が生まれた年はその丙午である。というと年代が近い人にならすぐ年齢を知られてしまうのだが、最近はそんなことを知る人も少ないようだ。午年生まれで最も人数の多いのは167万人の昭和53年生まれだが、その年生まれの同僚女性にきいても丙午という言葉自体を最近まで知らなかったという。
 陰陽五行説からみると「丙」も「午」も火の性で、この年生まれの女性は男性を負かしてしまうほど気性が激しいとされた。演歌のヒット曲「夜桜お七」で有名な八百屋お七が丙午生まれという俗説もあって、根強く信じられてきたという。江戸時代から遥か長い時を経たはずの昭和の丙午の出生数が極端に少ないことは、深い谷間を描く折れ線グラフで一目瞭然。高校時代、筆者の学年はすぐ上、すぐ下の学年より2クラス少なかった。ちなみに「夜桜お七」をうたう坂本冬美さんも確か筆者と同年代、丙午ではと調べてみると、学年は同じだが3月の早生まれ、丁未(ひのとひつじ)であった。
 実際に丙午生まれの女性は皆気性が激しいかというと、そうは思えない。筆者自身も特にそんな気性ではないと思う。やはり迷信は迷信である。次の丙午は平成38年。この次に当たり年を迎える時は暦が還ってくるのかと思うと複雑な気分だが、その頃にはおそらくこの迷信もほぼ風化しているのではと、それを確かめるのが今から楽しみでもある。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る